大工がかなえます「家族のための家づくりが、愛する郷土を守ることにもつながってほしい」というあなたの想いを

2015年10月04日

やっぱり気持ちよかった‥!




先週の土曜日、


昨年引き渡ししたお施主さんのおうちにお邪魔させてもらうことになり、

久しぶりで胸がどきどき(灬oωo灬)



行きしなの道も「懐かしいなあ〜‥」と浸りながら向かうと


お子さん達と一緒にデッキで待ってくれておました(*^^*)







引き渡し後に設置された薪ストーブと煙突、ぎっしり物が置かれた壁一面の本棚に「おおー!!」とテンション上がりながら




広いデッキで工事中の思い出話をして


ほんとに自分の不甲斐なさ加減にわらけてしょうがなかったですが



話を聞いていると

ちゃんとみてくれていたんやなあと



あんなに情けないとこを見せてしまっていたのに

「うれしかった」と言ってもらえて


こんなやりがいのあることはないよなあと思えたのです。








人のものをつくらせてもらうのって

すごい責任感じることで自ずとプレッシャーもかかって
潰れかけたりしうるけど

何より最後得るものが大きい。





あの時もお施主さんに支えられとるなって思っていたけど、


久しぶりにお会いできて頂けた言葉に
これからも支えられていけそうです。







私達見習いの弟子にとっては特に、

お施主さんに喜んでもらえることが何よりの安心で

今後のレベルアップのためのポケモンでいうHPが回復、たくさんもらえるって感じで。










外壁の焼板もまだ全然目立ったはがれもなく真っ黒のかっこよさは健在


20151006011011007.jpg







これからもお施主さん一家に寄り添い愛されるおうちであってほしいと思います。










突然の訪問快く迎えて頂けたこと感謝します、
本当にありがとうございました(´;ㅿ;`)




posted by myme at 20:27| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらの現場は、関ジャニの村上さんが関岡さんに棚板ハマらんでと言って、勾配みてみと言って、親方が関岡さんの創造力をフル回転させて刻んでましたね。
思い出深い現場だったのでしょうね
明日も頑張って!
Posted by 大阪の人 at 2015年10月06日 22:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: