大工がかなえます「家族のための家づくりが、愛する郷土を守ることにもつながってほしい」というあなたの想いを

2015年10月08日

逆にね?


日中はすこぶる暖かく、

作業するポジション的に朝日がんがんなところにいるのでまぶしいくらいの日差しを浴びながらしていますが、

夜になるとどんと冷えますね。ほんとにテンションだだ下がり。「いやいやむりむり・・」と心の声もれる。



そんなここ数日私がさせてもらっていたのはこちら


20151008223640777.jpg

鼻栓作りぃーいーいーー…





初めて作らせてもらってます。

鼻栓とは?
柱をずばっと突き抜けた桁の長ほぞに打つ木栓のこと

打つと

こんな感じになります

20151008223721556.jpg

20151008223729385.jpg









鼻栓の形は決まってこう!というのがなくてそれぞれ工務店によっても違うらしく


今回のはもちろん宮内建築使用。



打ち初めに入っていきやすく入ればぐっと効く

仕口に力がかかったときにはまず栓が折れることで

柱の可動域が大きくなり

柱の仕口にかかる力が軽減され、柱が折れない→倒壊の危険性を下げる



と、物自体は小さなものですがこれだけの役割をもつべきもので
が深いです。






考えられないと作れない。わかってないと想像がつかない。

ちょっとずつ勉強させてもらってます。うん、難しい。



けど意味がわかるとなるほどなあとね。面白い。


イメージしながらできれば進み具合も違う。






そう、鼻栓作り二日目からニューフェイスの道具がふたつ登場して
大助かり。


やっぱり道具いるよなーとしみじみ思いました。



の木をきづくって鼻栓に加工しましたが

固いのでのみでこそぐのも木目に敏感になりながら





えー総括して
こういうことも知れるから木組みの家ってすごいよなってまた思ったのでした。



posted by myme at 22:35| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
関岡さんの話は、知らない事が知れて楽しいです。
寒くなってきてますが、関岡さんのスーパーカーの洗車、寒空になると大変ですね
Posted by 大阪の人 at 2015年10月08日 22:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: