大工がかなえます「家族のための家づくりが、愛する郷土を守ることにもつながってほしい」というあなたの想いを

2018年06月12日

ニヤリーイコール




今日びっくりしてうれしかったことは



外壁の職人さんがめちゃくちゃ人の良さそうな人やったこと



現場で出た床材の木っ端が、建具の山元さんの作業場に持って行ってもらったら、まあ、なんたるさんたるジーヤ(なんということでしょう)
20センチくらいの短い木っ端達が、縦に並べられてボンドつけてプレスされてフラッシュ戸の骨組みに生まれ変わり有効活用してもらえること


そして


足場の1番上のステージではとが巣を作り卵をまもっている(ぽかった)ことです。









5FD00EE6-A7BF-451A-926E-A9B19191CB8F.jpg




まさか板の木っ端がこんな風に使ってもらうことができるなんて…!!と衝撃でした。短くてうすくて杉のだから薪にするのも今ひとつだったので余計にありがたい限りです。

無垢材ならではのいいとこかなと思います😌
posted by myme at 22:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする